ごみのトリセツ

ごみ屋敷を綺麗に掃除したい時は不用品回収業者にお願いしよう

不用品回収業者

ごみ屋敷の掃除をする時に困るのがごみの分別です。自治体にごみを回収してもらう時は、燃えるごみや燃えないごみなどしっかり分別しなければなりません。ごみによって回収日が変わりますし、家電などそのままでは引き取ってもらえないごみもあります。不用品回収業者にお願いすれば、ごみの分別を気にすることなく不用品を回収してもらえますので掃除も楽です。中には、大きな家具の処分に困っている人もいるでしょう。自治体に回収を依頼する場合、家具を分解したり指定されている場所まで自分で持ち運ぶ必要がありますが、不用品回収業者は自宅までごみを回収しに来てくれますし、家具の持ち運びもすべてスタッフさんがやってくれますので、重たいごみの運び出しに苦労することもありません。

ごみ屋敷の掃除を不用品回収業者にお願いする時は、ハウスクリーニングにも対応している業者にお願いすると良いでしょう。長年部屋にごみを溜め続けていると、ホコリやカビなどの汚れが溜まるだけではなく、ごみの臭いが染みについてしまうことが多いです。部屋の汚れや臭いはごみを運び出すだけでは綺麗になりません。ハウスクリーニングにも対応した業者にお願いすれば、ごみを運び出した後に部屋の掃除までしてくれるので便利です。自分では綺麗にできないしつこい汚れも、専用の器具や洗剤を使用して綺麗にしてくれます。

ハウスクリーニング

不用品回収業者を利用すると当然費用がかかりますが、買取も同時にしてくれる業者にお願いすれば費用を最小限に抑えることができます。ごみとはいっても、家具や家電など中にはまだまだ使えるものもあります。そういった不用品を買取してもらえば、回収費用に充てることができるのでお得です。不用品をオークションなどで売る方法もありますが、出品手続きや商品の発送など様々な手間がかかります。不用品回収と買取を同じ業者に依頼すれば、手間をかけることなく楽に不用品を処分できます。

ごみ屋敷の掃除を業者に依頼する時は、事前に必ず現地見積りしてもらうことが大切です。ごみの量などを口頭で伝えてある程度の見積りを出してもらうことは可能ですが、実際の請求額とは差が出ることもあります。想像よりもごみの量が多かったり、引き取りが難しいごみがあって追加料金が発生する場合があるからです。実際に現場を見てもらい、最終的な見積額を提示してもらった上で契約するようにしましょう。

これって資源ごみ?迷いやすい種類をチェックする方法

資源ごみ

空き缶やペットボトルは資源ごみとして有名です。他にも、リサイクルマークがついてたら資源ごみだと判断できるでしょう。しかし、中には資源ごみかどうか迷いやすい種類のものがあります。分別で迷ったら、確かめたいポイントを順にチェックしておきましょう。まず、資源ごみかどうかは自治体の広報誌などで紹介されているケースが多いです。地域によって違いますが、例えば乾電池や紙パック、インクのカートリッジを資源ごみとして回収しているケースはよく見られます。他には、リモコンや電気カミソリなどの小型家電を資源ごみとして扱っている自治体もあります。詳しくは広報誌や自治体WEBサイトを確認してみましょう。

それでも、中には悩ましい種類のものもあります。リサイクルできそうだけど、広報誌やお知らせに乗っていないタイプです。これを調べるには自治体に問い合わせても良いですが、近年は分別用アプリが登場していますので活用してみるのもおすすめです。何が資源ごみなのか、品物ごとに検索できるのでとても便利です。特に一定の規模の都市では、行政が無料でアプリ配信を行っているケースも多いですので、チェックしてみましょう。このアプリには回収日の通知機能など色々な機能が備わっていますので、インストールしておくと便利です。

ここまでやっても、どうしてもわからないときには専門業者に依頼するのも一手です。回収業者は、一般的に法人や賃貸の解約など物量が多いケースで使う印象があるかもしれません。しかし、近年はより対応力が柔軟になっていて、家庭で出るような少量の資源ごみであっても、分別・回収をサポートしてくれる場合があります。プロに任れば分別の間違いはありませんし、手間がかからないのもメリットです。自分で判断して間違えてしまい、回収されずにステーションに残ったままになったり、近所の人から注意を受けた経験があれば、前向きに検討してみましょう。

回収業者は、特に蛍光管や金属などの代表的な資源ごみ以外にも、色々と回収してくれるので気軽に相談してみるのがおすすめです。量が少ないから対応してくれないと思っていても、スタッフに相談してみると他にも処分できるものが見つかる可能性もあります。

回収ステーション